JACCSショッピングクレジット
ササロン・アルカロン20%増量キャンペーン
ブルーベリープラス 10月中はポイント2倍
電位治療器のパイオニア ヘルストロン
新規会員登録で100ポイントプレゼント

季節の健康コラム

10/10は『目の愛護デー』

「10」という数字を90度回転してみると、「1」がまゆ毛で「0」が目に見えることから、10月10日が目の愛護デーになったそうです。

1931(昭和6)年に10月10日を「視力保存デー」と定め、中央盲人福祉協会主催、内務省、文部省の後援で失明予防の活動を行ったのがきっかけで始まりました。
現在では、厚生労働省や目の関連企業や団体が、目の健康を促す活動やイベントを開催しています。

私たち現代人は、スマートフォンやパソコン、テレビや読書など、日頃から目を酷使しています。
特に、1人当たりのスマートフォンの利用時間は年々増えており、現在の1日の平均利用時間は、2時間を超えると言われています。

さらに、コロナによる影響でお家時間が長くなった今では、ますますスマートフォンを利用する時間が長くなったという方も多いのではないでしょうか。

一日中画面に向かったままだと、目の乾燥や視力低下、眼精疲労といった症状が起きやすくなります。更には老眼を早めてしまう可能性も指摘されています。

今回は、目の健康を保つための方法や食材をご紹介いたします。

■目を温めましょう

目を温めると血行が良くなり、目の筋肉がほぐされるので、眼精疲労に効果的です。
蒸しタオルを目の上に置き数分目を閉じるだけで、心地よい気分になれます。
また、シャワーを浴びるときに、目を閉じて水が目の中に入らないようにして目を温めるのでも良いでしょう。
誰にでも簡単にできる方法なので、ぜひお試しください。
ただし、白目の充血や炎症があるときは温めずに冷やすことをお勧めします。

■目を動かしましょう

顔は動かさずに目だけを上下・左右・ぐるぐると動かしてみましょう。
目の筋肉も、体の筋肉と一緒。動かすことにより、血液の流れがよくなり、筋肉がほぐれていきます。
目が回ってしまう方は、無理せず、目を閉じたまま動かしても効果的です。
意識して目を動かすようにしましょう。

■食事に気を付けましょう

ブルーベリー(アントシアニン)や緑黄色野菜(ルテインやβカロテン)など、目の健康維持をサポートする食べ物を積極的に摂るように心がけましょう。
特に、ほうれん草は秋冬に旬な野菜でもあるので、今の時期からお勧めいたします。

よろしければ、ご紹介した方法もお試しいただきながら、目の健康を気にかけながらお家時間をお過ごしください。

ハクジュでは、パソコンやスマートフォンをよく使われる方、読書好きな方へお勧めのサプリメント<ブルーベリープラス>をご用意しております。
しかも10月中は、嬉しいポイント2倍!!※ポイント獲得にはログインが必要です。

ハクジュはこれからも、皆様の健康生活を応援いたします。

ブルーベリープラス

カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 一部出荷のみ行います

QR

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ